自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

  • 2014年5月8日10:06 AM
    韓国の様々な問題に関して思うこと
    CATEGORY: NEWS雑感

    韓国が色々とゆれております。

     

    沈没船問題に端を発して、それこそ様々なものにまで飛び火しています。

     

    まあ、他国の風習や慣習についてあれこれ言うのも違うと思うのですが、

    こうした韓国国内で起こっている問題というのは、やはり過去の経済危機があり、そこからちょっと強引に経済偏重の体制で国家を運営してきたことのツケが回ってきたと考えるべきなのでしょうね。

     

    ほんの数年前には、経済や企業経営においても

     

    「サムスンを見習え!」とか「韓国を見習え!」という風潮がありましたが、

    今回のような「ひずみ」を理解しない、浅い見方をする人たちの論調だったように思います。

     

    景気が悪くなると「政府が悪い」とか「国がもっと応援を!」となるわけですが、

    行き過ぎた経済偏重は上記のようなひずみを確実に生み出します。

     

    お隣の韓国や中国を見ていればそれがよくわかりますね。

     

    確かに日本の景気政策は積極性に欠けるかもしれませんが、実は良い点も多いのです。

    (個人的には日本の政策で唯一心の底から納得していないのは少子化対策くらいです)

     

    物事は多方面からメリットデメリットを見て判断できるようになりたいものですね。

     

    韓国の今回の騒動は、明日の日本かもしれません。

     

    2014年5月5日7:33 AM
    子供の日 子供人口は最少を更新中・・・
    CATEGORY: NEWS雑感

    本日は子供の日。

     

    一昨日、妻に依頼され愛息の髪を切ったら金太郎のような頭になってしまったため、まさに子供の日!な雰囲気を味わえたとプラス発想で考えつつも、愛息の無邪気な顔を見るたびに罪悪感にさいなまれる父親やっています・・・。

     

    さて、子供の日ということで恒例となりました「子供人口の推移」の報道が出ていますが、

    言うまでもなく毎年最少を更新しています・・・。

     

    データを見てみると前年対比で2%以上増加する年は、2011年生まれくらいしかないので、トータルで見ていけば毎年横ばいか1~3%マイナスなので、今後ず~っと最少を更新することになります。

     

    私がセミナーや講演などで言う、

     

    20年で30%減少

     

    という流れです。

     

    これは先進諸国の中でも最悪の子供比率であり、少子化進行ペースなのです。

     

    実は経済のセオリーとして「都市化」=「少子化」というのは必然の流れであり、

    (農業などの場合は頭数=売上になるため子供数を多く持とうとするから)

    その流れを政策で止めなければどうともならないのが世界の共通認識のはずなのですが、

    日本の優秀な政治屋の方々や官僚の方々は、あまりそういった未来政策をしてこなかったツケがきているというわけです・・・。

     

    子供向けビジネスにとっては市場縮小への対策。

     

    さらに、ビジネス全般においては、求人・採用難への対策。

    一部の飲食店のように、「働き手がいなくなって閉鎖」とかにならないようにしなければなりません。

     

    この少子化の流れが引き起こす、業界の地殻変動に対応する方法を常に考えていくのが経営者様のお仕事だといえます。

     

    2014年5月2日7:03 AM
    新しい試みに早期の結果を求めるべきではない
    CATEGORY: プロ野球雑感

    3強 2弱 1? の様相になってきた1ヶ月が経過したセリーグのプロ野球。

     

    谷繁兼任監督でのぞむ中日ドラゴンズは、3強から5ゲーム離され、2弱の仲間入りをうかがうポジショニングです(笑)

     

    ヤクルト・横浜の東京遠征で借金3増やしたのが痛かった。

    中継ぎ炎上しているし・・・。

     

    ・・・しかし、あんまり失望していないのが今の個人的な感覚です。

     

    実は伝説の始まりであった落合監督就任の1年目、2004年目もこの時期

     

    最下位あたりをウロウロしていて、

     

    オレオレ詐欺だ!

     

    とか騒がれてたんですよね・・・。

    今となっては信じられないことですが。

     

    そんなわけで、あまり焦っていない理由としては以下の思惑を感じ取れるからです。

     

    1.もともと中日はキャンプの影響で春は調子が下り坂でオールスター前にピークがくる

     

    2.谷繁さんが兼任監督になれるまで時間がかかる(今は監督集中期間のように見える。それほど兼任監督は難しいものだと思われる)

     

    3.現在は今年後半、さらに来年以降を見据えた戦力の見極めをしている可能性が高い

    (先発は第5、第6の人材、中継ぎでは福谷や田島らの見極め?)

     

    そんなわけなので気長に待ってたいですね。

     

    監督1年目、兼任監督1年目の人間に過度の結果を期待するというのは、ちょっと性急過ぎるってわけです。

     

    今シーズンは4位でも、まあ仕方ないかなと割り切っていたりしています。

    でも、後半戦なんとか盛り返して3位に入ってくれればベストかなと。

     

    2014年5月2日6:56 AM
    IEの欠陥・脆弱性問題は個別指導塾とは関係ありません
    CATEGORY: NEWS雑感

    最近、ニュースサイトなどで「IE」という単語が出てきています。

     

    IEに脆弱性が

     

    みたいな感じで、基本的に不安を煽られるような表現です。

     

    教育業界の人間としては

     

    えっスクールIEが!?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

     

    と一瞬、驚いてしまうのですが、

     

    世間一般では「IE」とは

     

    インターネットエクスプローラー(IE)

     

    のことですのでご安心を。

     

    むしろ私のお仕事関連ですと、個別指導塾業界ではなく、パソコン教室分野の話題ですね。

     

    う~ん、インターネット講座は基本的にエクスプローラー使っているからなあ・・・。

     

    ・・・というわけで、スクールIEに脆弱性はありませんのでご安心を。

     

    2014年4月28日9:13 AM
    パソコン教室の花が開いた3~4月戦線

    先日、大阪にてスクール経営サポート倶楽部の大阪例会が開催されました。

    http://www.funaisoken.co.jp/seminar/514052.html

    ご参加頂きました皆様、まことにありがとうございました。

     

    大阪会場は「パソコン教室」分科会が開催されましたが、

    今回ご参加いただいた企業様のほとんどが、この春戦線

     

    昨年対比大幅アップ!

     

    ここ数年で一番好調!

     

    といった結果を残されていたようで、とても活気ある雰囲気でした。

     

    また、今年新たに新教室を開校された企業様も、新校が開校1ヶ月で生徒数20名突破、さらに既存校舎も過去最高のペースで新規集客があるなど、ここまでは絶好調。

    あとはこれからの春夏戦線であとひと伸びできれば磐石な体制になるでしょう。

     

    さらに、今後パソコン教室で付加すべき新規事業についても、実践されている企業様は、月商で200万円以上の売上があったとのこと、こちらも素晴らしいですね。

     

    もちろん、景気の影響・・・なんかではなく、これまで地道に取り組んできた新講座導入や販促活動の積み重ねが、春に花開いたという結果なのですが、全国的に伸び悩むパソコン教室さんが増える中で、ドンドン新しい取り組みにチャレンジして、それを結果に結び付けられているわけですから、とても素晴らしいことだと思います。

     

    次回のスクールビジネスアカデミーの大阪例会は6月26日になりますが、今からとても楽しみです!

     

    皆様の更なる活躍を期待しています!