自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

  • 2014年3月11日8:22 AM
    業界事情を知るコンサルタントが考える学習塾の選び方~個別指導塾編~
    CATEGORY: 日々雑感

    前回の子どものスクール・習い事教室選びの基準について、あまりにもフワッとしすぎていたとの声をいただきました。

     

    そこで、今回は具体的にテーマを絞って選び方を書いてみたいと思います。

     

    今回のお題は「学習塾・個別指導塾」編です。

     

    愛息が大きくなったときに、業界関係者である私がどんな点をチェックして塾選びをするかの想定だと思ってください。

     

    まず「個別指導塾」という前提ですが、これについては愛息が

     

    残念ながら学校の勉強についていけない・・・(補習系の普通の個別指導塾)

     

    または

     

    部活で活躍しすぎて集団指導塾に通えない

     

    または

     

    あまりに優秀すぎて駅前にマクドナルドもない地方都市の学習塾では対応できない

     

    といったケースで活用を考えると思われます。

     

    家庭教師の活用は基本的にはなし。個別指導塾に比べてハズレを引いたときのリスクが大きいからです。(個別指導塾はちゃんと教室長が全てを責任持って管理するので)

     

    うれしいことに「優秀すぎる」ケースの場合は、個別指導塾の中でもレアである「進学個別」色の強いところを選び、さらにその中でも学歴か講師経験が豊富な人間をあててくれるところを選ぶでしょう。

    ただし40代以上の個別指導塾の講師は、別の意味で辞退したいところでありますが。

     

    その他のケースの場合は、まず優先順位としては

     

    1.地元の実績ある老舗塾の個別指導塾形態

    2.地元の老舗塾の個別指導塾形態

    3.FCの個別指導塾

    4.3拠点以下の独立系個別指導塾

     

    となります。これは、会社としてのサポート・フォロー体制や教務マニュアルの有無を前提としてジャッジするからです。

     

    しかし、上記の優先順位で塾選びをしますが、それが全ての決定要因にはならず、上位から回らせてどんな講師を当ててくれるかでジャッジします。

    そういう意味ではFC系でも頼れる社員の責任者クラスがあたるのであれば逆転もありです。

     

    ここが個別指導塾選びのポイントで、「誰が見てくれるのか」がすごく重要なのです。

    その誰がというのも、「講師」と「責任者」の2軸で見なければいけません。

     

    どちらかが変更になるのは仕方ないというか、ある意味大学生の場合はよくあるので、重要なのは片方が異動になった場合、どれだけフォローできるかということになるのです。

     

    なので、私だったら「担当講師の学歴、年次」「いつまでバイトやるのか」「成績アップの本質は何と考えるのか」などの質問をしてみたいところ。

    ここで「講師はかわりますから・・・」など責任者が曖昧にはぐらかそうとするのであれば、完璧にNGです。

    その人はサラリーマンとして責任者やっているでしょうから。

     

    ちなみに少なくとも私の関係先では、上記の質問をなげたときに、少なくとも教室長は誠意を持って応えてくれることは間違いありません。良い教室長はそれだけしっかりしているのです。

     

    そんな感じで、教室長と講師の担当レベルを見ながら塾選びをするという感じですね。

    子どもの人生の師にもなりうる「先生」はしっかりと選んであげたいと思っています。

    吉田松陰にしてもそうですし、アレクサンドロス3世とアリストテレスなどの例を見ても、先生選びって重要かなと。

     

    もちろん、愛息からすれば「友達が行っている塾がいい」とか言い出すでしょうが、それもいいでしょう。

    ただし、「友達と通うために塾に行く」という本質とズレた要望を通す以上、小遣い半額カットという条件をつきつけると思われます。あとは本人がどう選ぶかですね。

     

    以上、リアルな個別指導塾の選び方でした。

     

    次回は集団指導の進学塾の選び方でも書きましょうか。

    いつになるかわかりませんが・・・

     

    2014年3月6日10:52 AM
    子どもの塾・習い事教室の選び方
    CATEGORY: 日々雑感

    本日は少し経営から離れたエンドユーザーとしての話題を。

     

    職業柄、保護者の方から「どこの塾を通わせるべきか」「何の習い事をさせるべきか」などの質問を受けます。

     

    それに関連して「塾や習い事教室の選び方」について業界人としての考察を書きたいと思います。

     

    まず「どこがベストな塾や教室か」という問いかけについては、非常に返答がしづらいのが実情です。

     

    なぜなら担当する講師や拠点の責任者によってかなり格差があるからです。

    また、営業段階の雰囲気や体験だけで選ぶのもNG。営業上手なだけの講師にひっかかる可能性もあります。更に言えば、少数の中の良い保護者のクチコミも信頼を過剰に寄せてはいけない。

    たまたま、その保護者とお子さんとその先生の相性が良いだけの可能性もあるからです。

     

    ただ、逆の発想からすると、各業界・各ビジネスモデルについて目的によっては

     

    「この会社だけは止めておいた方がいい」

     

    というタイプの企業やビジネスモデルがあるのは事実でして、例えば子どもを英会話嫌いにしたくないのであれば、どこの英会話教室でもいいでしょうが、子どもが将来英語を使いこなせるようにしたいのであれば、明らかにそこの教室やめておいたほういいというものがいくつもあります。

     

    いわゆる目的や条件に沿わない足きりスクールや塾はあるということです。

     

    ですから、目的に合わせて足きりラインのスクールや塾を避け、その中で残った候補のスクールの中から、講師の相性や会社の体制などをトータルでジャッジするのがベストだといえます。

     

    その講師との相性やスクールとの相性を判断するときに大切なのは、「その講師や教室の責任力」だったりします。

    意外と教育業界は高離職率業界ですので、先生が突然切り替わる可能性は高い。

    だからこそ、キャリアの長い先生や、先生は経験が浅かったとしても、その経験不足を会社のシステムなどで完璧にフォローできるところの方がいいわけです。

     

    2014年3月1日12:37 PM
    地域のブランド学習塾に期待されていること

    地域で高い合格実績をあげている「ブランド化された学習塾」は、既に社会にとって必要不可欠な存在であり、地域の保護者から期待されている役割は様々なものがあると思います。

     

    基本的に保護者は

    「あの学習塾さんが提供してくれるカリキュラムだから」と考えて、期待して、信頼を寄せてくれるケースもあると思います。

     

    実際に授業や講習などは、学習塾企業側もその期待に全力で応える努力をしていると思います。

     

    しかし、いざ「小学3年生以下の習い事領域」で見てみると・・・・

     

    「それ本当に教育効果が高いと思っているのですか?」

     

    「ロイヤリティーが少ないとか、導入するリスクがないとかの理由で選んでませんか?」

     

    「科目名が同じだけで品質はそれあやしくないですか?」

     

    といった商材や教材をつかっていることが多いように思います。

     

    なんだか、FCや教材会社の言いなりみたいなケースもチラホラ散見されます。

     

    確かにローリスクで開業できる商材なので数字上のリスクはないかもしれません。

     

    でも、確実に「不良品も扱っている」という事実は生まれ、その塾のブランドに傷がついているのも事実だと思います。

     

    「当塾で扱う商材は全てホンモノだ!理想の教育だ!」と言い切れるもののみを扱ったほうが、長期的には塾のブランドを守れるように思います。

     

    2014年2月24日9:20 AM
    船井総研の中途採用情報!&スイスの最高教育機関視察ツアー情報!
    CATEGORY: 日々雑感

    お知らせです。

     

    井端、逆転サヨナラ打! 38歳ベテランが新天地で猛アピール

     

    じゃなかった・・・。お仕事関連の情報は以下の通りです。

     

    1.中途(キャリア)採用募集のセミナーのお知らせ

     

    船井総研において、コンサルタントになりたい方、キャリア入社で船井総研に入社したい方向けのイベントが開催されます。

    3月8日(土)大阪 船井総研大阪本社

    3月15日(土)東京 船井総研東京本社

     

    http://www.school-keiei.com/saiyou/index.html

     

    当日はスクール教育ビジネスチームのメンバーも参加しますので、ご興味のある方はおこしください。

     

    2.スイスの最高峰の教育機関の視察が出来る!スイス視察ツアー開催

     

    スイスのネスレなどのブランド企業の視察はもちろん、

    世界中の王侯貴族・大富豪が子息を送り込む世界No1の寄宿舎学校(中等教育機関)ル・ロゼや欧州トップクラスのビジネススクールIMDなどの視察ができます。

    最高峰の教育機関に触れてみたいというスクール業の方にはおススメです!

    ↓詳しくはコチラ

    http://www.funaisoken.co.jp/lp/swiss.html

     

    2014年2月23日9:14 AM
    スクール・教育ビジネス開業時のフランチャイズ選び

    スクールビジネスを個人で起業するとき、

     

    既存のスクールビジネスから新たな商材にチャレンジするとき、

     

    自社で教務ノウハウを開発することは困難であるため、多くの場合フランチャイズに加盟したり、教材購入をしたりして、外部の力を有効活用することになります。

     

    しかし、業界の内部の人間として業界全体を見ていると、

     

    条件と効果ともにあまり良質ではないフランチャイズや教材も多い

     

    のが実態として上げられます。

     

    中には「もうそのビジネス商材を扱うために、そのフランチャイズに加盟した段階で事業の成功確率が半分以下になっています・・・」というようなものだってあります。

     

    また、最近多くなってきたのは、スクール事業で肝心な「講師調達」のリスクについて想定されておらず、加盟後1年経過した頃に、「こんな大変なものだったのか・・・」と頭を悩ませることになるもののあります。

     

    その講師調達の問題が顕著になりやすいのは、現在急増している個別指導塾業界でしょうか。

     

    これだけ企業数が増加すると、特に地方においては講師の採用が難しくなります。

    しかも、普通の個別指導塾においては数人の講師を常駐させなければなりません。

    そのため講師採用ノウハウが重要になるのですが、こういった点にはあまりサポートがいきわたっていないケースが多いのです。

     

    スクールの開業にはメリットも多いものの、様々なランニングで発生するデメリットやリスクもあります。

    これらは加盟段階ではなかなか気づけないものですので、加盟時にもしっかりとビジネスモデルの全貌をチェックすることが大切です。