自己紹介
  • 自己紹介


    『船井総研内の保育教育業分野のコンサルティングチーム「保育教育支援部」の上席コンサルタント。
    高等教育機関、学習塾、英会話教室、幼稚園、こども園、保育園、資格学校など、幼児から社会人までの様々な教育機関のコンサルティングを担当している。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2020年3月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • 関連サイト情報

  • ホーム > ’2020年03月’月別アーカイブ内の記事一覧
    2020年3月5日11:53 AM
    成長する教育企業における余剰人員の考え方
      教育業(スクール・学習塾)というのは 「人件費ビジネス(人件費率が高く、人件費のコントロールが企業としての営業利益を大きく左右する)」です。   そのため1教室、2教室の運営や利益を考える上で、余剰人員を抱えるというのは、 一気に教室の損益が悪化し、赤字体質になることは間違いありません。   しかし、同時に余剰人員一切なしの体制で運営をすることは、前述した補充採用が続くことを意味するため、 一見利益率は良かったとしても、教室としては衰退しやすいのも事実なのです。   しかし、成長企業の「余剰人員」についての考え方は、一定の共通点が...