自己紹介
  • 自己紹介


    『船井総研内の保育教育業分野のコンサルティングチーム「保育教育支援部」の上席コンサルタント。
    高等教育機関、学習塾、英会話教室、幼稚園、こども園、保育園、資格学校など、幼児から社会人までの様々な教育機関のコンサルティングを担当している。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • 関連サイト情報

  • ホーム > ’学習塾・スクールの経営論’カテゴリー内の記事一覧
    2023年5月1日4:58 PM
    学習塾の不振の芽を摘み取ることが大切!
        5教室以上を展開している学習塾企業の場合、校舎ごとの業績にバラつきが生まれてきます。   一部の校舎においては業績が好調! 大部分の校舎においては業績が横ばいか微減。 一部の校舎では生徒数が減少し業績の落ち込みが止まらない…。   このように校舎の担当者の力量と商圏内の人口の状況、競合状況によって業績が大きく左右されることになります。   この業績のバラつきについて、一般的な学習塾企業ではその業績の原因を 「商圏」「競合校」「地域内の所得指数」などの外部環境に求めることが多いようです。 しかし、私達船井総研の...
    2021年10月30日4:29 PM
    英会話教室の経営の難しさ ~生徒募集は苦戦傾向~
        英会話教育市場は安定成長を続けているわけですが、   英会話スクール・英会話教室の経営の難易度は数年前と比較して跳ね上がっていることを日々感じます。     英会話教育   の市場ニーズは成長を続けていますが、 一方で   英会話教室・英会話スクールの数自体が増加   英語学童、プリスクールなどの高単価高密度系英語教育機関の増加   幼稚園や保育園の英語教育導入の加速   オンラインや教材型の英語教育ツールの普及   学習塾業界からの本格...
    2021年10月24日5:01 PM
    中堅・大手学習塾の経営課題の実態
        学習塾経営の経営についての悩みは零細・中小・大手企業を問わず、   生徒数を増やしたい   売上を増やしたい   などにまとめられるわけですが、それの目的に達するための課題については、 零細・中小の学習塾と、中堅大手の学習塾とでは、全く課題が異なります。     零細・個人教室の学習塾の場合、 そもそもの「学習塾運営の経営ノウハウ」を知らない、実行していない点が問題です。   この問題については、ハッキリ言って、これだけ学習塾業界経験者が大量生産され、 また、そういった業界経...
    2021年10月11日11:53 AM
    英会話教室・学習塾で生徒が集まらない
      英会話教室・スクールで生徒が集まらない   学習塾で生徒が集まらない   要するに「新規集客」で苦戦する。     個人教室、FC加盟での教室、中小・中堅・大手企業、 いずれの教育業においてもこの悩みは起こりますので、教育業界において、永遠の悩みだといえます。 (基本的に小売業やサービス業、ほとんどすべての業界でも同様ですが。)   これ以外に学習塾業界では、 優秀な講師が退職してしまう   英会話業界では 外国人講師が突然退職してしまう   などが不変の悩みでしょうか… ...
    2021年9月20日9:06 PM
    強い学習塾・教育企業はバックオフィスが強い
        表題の件。結論としては、   人事・総務・経理・財務・管理・システム・教務   などのバックオフィス部門(間接部門)が強い会社は、 企業としての成長力が結果的に高くなるということです。   重要性が増してくるのは、企業規模として5億くらいからで、10億を超えたくらいからだと、 露骨にその会社の成長性や安定性に直結してくる印象です。     伝統的に学習塾業界、教育業界においては、「教務部」はバックオフィスとはいっても、 教材選定や開発を行うので花形扱いになっています。   一...