自己紹介
  • 自己紹介


    『船井総研内の保育教育業分野のコンサルティングチーム「保育教育支援部」の上席コンサルタント。
    高等教育機関、学習塾、英会話教室、幼稚園、こども園、保育園、資格学校など、幼児から社会人までの様々な教育機関のコンサルティングを担当している。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • 関連サイト情報

  • ホーム > ’日々雑感’カテゴリー内の記事一覧
    2015年1月13日11:11 AM
    教育改革の難しさはデータの検証の難しさにある
    CATEGORY:日々雑感
        古くは「ゆとり教育」の導入。   最近では某市におけるある企業の塾の教育手法の導入。   一般の民間企業の教材や指導法のリニューアルではなく、公教育の教育改革というのは、様々な利害関係がからむ以上に、 「公教育」である以上、「望まない人にもそれが強要される」ということで非常に難しい問題をはらんでいます。   ゆとり教育が間違いだったか否かというのは、長い年月をかけて壮大な社会実験を行い、 その結果、国際的な学力が云々などの理由諸々で「失敗?」のように解釈され、軌道修正が行われました。 (個人的には元々の目的が学力上...
    2014年12月12日8:42 AM
    名刺交換からの勝手にメルマガ配信は本当に効果的なのか?
    CATEGORY:日々雑感
        BtoB営業の世界では当たり前のように行われている「名刺交換をした相手をメルマガ登録する」という手法ですが、 そもそも、これは本当に効果があるのでしょうか。 私はむしろ逆効果になっているケースが多いように思います。     これだけパーミッションマーケティングの重要性が叫ばれている今、一方的に自分の都合を押し付けて、不特定多数向けに情報を送りつけている相手を「すごい!」「すばらしい!」と評価してくる相手も少ないと思われます。 というか、そんなメールマガジンもそもそも読まれないですし。   なのに読者登録数●万人!など...
    2014年12月8日8:59 AM
    社会人・組織人として大切なのは不調・苦手局面で成果を出すこと
    CATEGORY:日々雑感
      最近の若手社員と話をしているときにしばしば聞く「できないいいわけ」。     「ここ1週間体調が悪いからできませんでした」   「この仕事は苦手なので本調子が出せませんでした」   「家族との関係が上手くいっていないので顔に出てしまいました」   「●●さんと一緒なので本気になれませんでした」   こんなパターンです。   要するに「自分は本調子のときや、得意な局面ではもっと良い成果が出せるんですよ!」 「今回ダメだったのは環境が悪かったせいですよ!」   といいたい...
    2014年11月28日7:55 AM
    パソコン教室向け勉強会&情報交換会
    CATEGORY:日々雑感
        昨日は大阪にてスクールビジネスアカデミーの分科会である「次世代型パソコン教室研究会」を開催していました。   今年は2014年最後の勉強会だったということで、今年1年間の業績の総括と来年度のスタート時の販促などについてお話をさせていただきました。 それにしてもこの勉強会。   熱い   です(笑)   参加企業の皆さんがこぞって、未来志向で、未来においても生き残れるパソコン教室経営を真剣に目指していることもあってか、 毎回、すばらしい事例の共有が行われています。   2014年の業績につい...
    2014年11月17日9:04 AM
    錦織選手と松岡さんから感じる「教育業」の魅力
    CATEGORY:日々雑感
      錦織圭選手の活躍により、近年テニス業界がマスコミで取り上げられる機会が急増しています。 テニス業界としては、テニスの王子様以降途絶えていた「テニスブーム」を再燃させられるかどうかの瀬戸際です。   現在、子育て世代の30代~40代は、どちらかというと野球・サッカー・バスケ世代であり、 テニスの王子様の影響を受けた世代が保護者としてテニススクールに現われるようになるになるのはもう少し後です。   そういう意味では、ここで錦織ブームによってテニス業界に新たな波をつくれれば、その後、テニスの王子様世代の保護者の子どもがやってきますので、比較的市場がホッ...