自己紹介
  • 自己紹介


    『船井総研内の保育教育業分野のコンサルティングチーム「保育教育支援部」の上席コンサルタント。
    高等教育機関、学習塾、英会話教室、幼稚園、こども園、保育園、資格学校など、幼児から社会人までの様々な教育機関のコンサルティングを担当している。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • 関連サイト情報

  • ホーム > ’日々雑感’カテゴリー内の記事一覧
    2021年6月4日11:13 AM
    教育業界・学習塾の経営とYoutube活用
        子ども教育現場の声を聞いていると、 「Youtube」 の存在感の大きさを日々実感します。   しかし、いざ   「Youtubeを学習塾経営・スクール経営でどう活用していくべきなのか?」   と考えると、まだまだ活用方法については未成熟だと思います。     学習塾業界の中で、Youtubeといえば「とある男が授業をしてみた」の葉一先生ですが、 あの動画や取り組みは素晴らしいモノの、一朝一夕で同分野で企業が並び立てるものでもなく、 モデルにしづらいのも事実です。   &n...
    2021年5月19日2:50 PM
    大手学習塾企業の多角化戦略の是非について
        大手学習塾の前年度の決算資料が公開されています。   新型コロナの影響はあるものの、夏以降の新規反響が増えたため、決算の月区切りによって、 影響の度合いが分かれる印象です。   全体としては、それほど致命的なダメージになっていないという感じですね。     業績を落としている企業の場合、「新型コロナの影響で」というよりも、 そもそも 「本業で他塾に負けているため」「他塾からの浸食の影響が甚大であるため」 数年単位でダウントレンドになっているのが実態のように思います。   本業で強い学習塾...
    2021年5月2日11:43 AM
    大手学習塾・大手教育業の最近の特徴
      昔から教育業界(学習塾業界・スクール業界)においては、一定数   大手学習塾・大手スクール=営業よりで教務品質が弱い。個々人対応が弱く、面倒見も悪い   小規模・個人教室 =営業は苦手だが、教務力は高く、個別対応力も高いため面倒見が良い   というイメージが業界内においては普及していました。     一般消費者は上記のような実態を知らない、 だから大手企業の実績や広告などに騙されている!   というのが、小規模事業者の口からよく出るコメントです笑 一部やっかみも入っているのですが… &nbs...
    2021年4月28日12:55 PM
    リモート教育におけるハイブリット授業の限界
      新型コロナウイルスの感染拡大第四波、 さらに変異株の感染力の問題をみていると、あと最低でも1年はコロナ対策が必要だと感じています。   具体的には学習塾、英会話などでのオンライン・リモート授業ですね。     船井総研という会社も、「経営研究会」という形で、ある意味経営者様向けの学習塾・スクール業をしていますので、 オンライン・リモート対応は当然昨年から取り入れていますし、 2021年3~4月は「リモート・リアルのハイブリット」の講座スタイルにチャレンジしています。     以下、それらの運営を通して実感し...
    2021年4月17日4:59 PM
    学童保育の教育的な意義と価値について
    CATEGORY:日々雑感
      元船井総研の保育教育支援部の部長であり、 現在、起業して保育業界向けのサービスを立ち上げている方が、自身の子育て状況をWEB上で書いてくれているのですが、 お子さんの小学校進学後、民間学童を活用されているとのこと。しかも結構満足されているとのこと。 なんとなくうれしい(笑)   なお、ウチの息子は通わせる民間学童が地元にありません…地方はまあこんなもんです。       さて、前回、「保護者の価値観・常識」が子どもの学力に影響を与えるという論を展開しましたが、 一方で子ども達は「周囲の環境に合わせる」のも、ひとつの真実...