自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

  • ホーム > ’NEWS雑感’カテゴリー内の記事一覧
    2020年2月15日11:49 AM
    大学入試改革~英語の民間試験活用延期から考えるコト~
    CATEGORY:NEWS雑感
      昨年11月に大学入学共通テストの「英語の民間試験活用」の延期が決定しました。(名目上は「延期」ですが、延期までの期間の長さを考えると、実態としては「白紙」だといえます。)   この英語民間試験活用は、ニュースなどでも報道されましたので、興味を持たれた方も多いかと思います。 ニュースだけを見ていると、 「民間試験活用がなくなるなら、資格取得は必要ない」と思われる消費者もいらっしゃるかもしれません。   今回、確かにセンター試験に代わる「大学入学共通テスト」において、英語の民間試験活用は延期になりました。 しかし、勘違いしてはいけないのは、英語教育...
    2016年1月31日10:04 AM
    大学入試改革の一部延期について(複数回試験)
    CATEGORY:NEWS雑感
        先週末のニュースで大学入試改革の一部延期の方向性が発表されました。   今回の対象となったのは、従来話題になっていた「センター試験に変わる新試験は複数回実施する」という内容で、 こちらは実際の試験の実施・運用が難しいということで、当面10年先をみこして延期になりました。   つまり、これで「一発試験」自体は据え置きという流れになります。   今回の複数回入試の頓挫は、高校在学中に試験をする必要があること、試験回数自体が増えることで、様々な業務負担が増えることなど、開始時期が迫っていること、など わかりやすい問題点があ...
    2015年6月13日1:43 PM
    ビリギャル・ライザップから思うこと~出る杭が叩かれるわけではない~
    CATEGORY:NEWS雑感
        最近「ビリギャル」の映画のおかげで、さらに有名になってしまった下記の塾。   「学年ビリのギャルが~慶應~」で有名な青藍義塾さんの実態について   当時は基本的に好意的に書いており、最後に世間やマスコミの踊らされて暴走しないといいな~としめていますが、 最近の状況を見ていると、明らかに踊っておられるように思います(笑)     さらに言えば、当時のWEBサイトはいかにも「中小塾!」という感じだったのですが、 今は急造LP業者に発注して、まるで過去を消そうとするかのように「個人名の塾名」に変更してしまってい...
    2015年5月19日7:15 AM
    大阪都構想 住民投票にて思うこと
    CATEGORY:NEWS雑感
        私は大阪市民ではありませんので、あくまで外野の身でしかありませんでしたが・・・   大阪都構想が反対票が多く、否決されました。     今回の住民投票、あれだけの大規模の住民投票が行われ、またこれほどの僅差となったことで、民主主義の面白さ、 また住民投票の面白さを垣間見ることができました。     都構想をどう考えるかどうかは私も調べていないのでなんともいえませんが、今回興味深かったのは「関係者票」「既得権益票」の重みについてです。   大阪市の公務員の数は約3.5万人 また平均...
    2015年5月18日9:41 AM
    習い事代の補助金事業が南房総市で開始
    CATEGORY:NEWS雑感
        千葉県南房総市は6月から、学習塾や習い事、スポーツ教室など学校外教育を受ける全ての小学5、6年生を対象に、 世帯所得に応じて1人あたり7000~1000円の月謝を補助する事業を始めると発表しました。 補助するのは法人か1年以上の実績を持つ個人事業主などが開く塾や教室の月謝。 学習塾やピアノ、書道、そろばん、パソコンなどの習い事、野球、水泳、武道、ダンスといったスポーツ教室。市が「塾利用助成券」を発行し、助成するとのことです。   低所得家庭に限った補助は大阪市が実施していますが、全家庭を対象とするのは全国で初めての試みです。   ...