自己紹介
  • 自己紹介


    『船井総研内の保育教育業分野のコンサルティングチーム「保育教育支援部」の上席コンサルタント。
    高等教育機関、学習塾、英会話教室、幼稚園、こども園、保育園、資格学校など、幼児から社会人までの様々な教育機関のコンサルティングを担当している。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • 関連サイト情報

  • ホーム > ’日々雑感’カテゴリー内の記事一覧
    2007年6月4日11:56 AM
    卒業生活用の利点と問題点
    CATEGORY:日々雑感
    スクールビジネスのスタッフとして理想的な条件のひとつに、 「そのスクールの卒業生」 であることが上げられます。 スクールの卒業生であるということは、 学校へのロイヤリティが高い。 講師(校長)へのロイヤリティが高い。 学校の知識が豊か。 商品(講座内容)についての知識も豊か。 というわけで、まさにいいことずくめ。 まあ、弊害として圧倒的権威を持つ社長とその他の従属的なスタッフという「宗教的」な組織ができあがるという側面もありますが、 これは外部の血を入れたり、経営者の方の意識次第で解決可能です。...
    2007年6月3日9:42 PM
    受付力がスクールの魅力を高める
    CATEGORY:日々雑感
    スクールにおける「受付窓口」。 講師や営業スタッフなどと比べると少し軽めの役割。したがって 「まあアルバイトさんでもいいか~」 「見た目がよければいいかな~」 と考えてしまいそうですが、 この受付こそがスクールの活気を左右する重要なファクターだと言えます。 スクールの受付は下記の機能を担当しています。 ①新規顧客の第一印象づくり ②在校生が来校するときの「始まり」と「終わり」 ③在校生が困った時の相談窓口 ④社員および講師出社時の「初めて会う」人物 個別に説明していきましょう。&nbs...
    2007年5月27日12:56 AM
    NOVA 小口の現金を集めるの巻
    CATEGORY:日々雑感
    噂のNOVAですが、 さすがに倒産の危機を感じているらしく(当たり前ですが)、 小手先テクニックで現金集めに励んでいるという情報が入りました。 それは、 期限延長手数料 というシステム(;´Д`) お客様の期限切れ寸前のポイントを2~3万円の手数料を支払えば、 期限を延長してくれるらしいです!! う~ん…(´・ω・`)。 たぶん、コレを考えたであろう経営幹部は、 「おお!これで解約も減るし売上を少し増やせるぞ!」 みたいなことを言っていたのかな…。なんて想像を膨らませてしまいます。&n...
    2007年3月8日12:46 AM
    敗軍の将=猿橋、兵を語る
    CATEGORY:日々雑感
    日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」のコーナーに、 NOVAの猿橋社長が記事を掲載しています。 ざっと読んでみましたが…。 なぜNOVAがこうなってしまったのかよくわかります。 トップがこんなレベルでは…(;´Д`) 記事の内容は、ほぼ全て返還金ルールの正当性を訴えるもの。 反省の色はあまり見受けられません。 こんな自己弁護に等しい記事をこの時期に掲載するなんて、 日経BP社の気が知れません。 (おそらくNOVAが日経関連の大口スポンサーだからでしょうが…) 返還金ルールに執着するのではなく、&...