自己紹介
  • 自己紹介


    『船井総研内の保育教育業分野のコンサルティングチーム「保育教育支援部」の上席コンサルタント。
    高等教育機関、学習塾、英会話教室、幼稚園、こども園、保育園、資格学校など、幼児から社会人までの様々な教育機関のコンサルティングを担当している。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2021年5月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • 関連サイト情報

  • ホーム > ’日々雑感’カテゴリー内の記事一覧
    2007年6月13日6:59 PM
    移転しました!
    CATEGORY:日々雑感
    移籍先は自身初めてのアメブロです。 全く操作が不慣れなものであたふたしていますが、徐々に慣れてくるかな~なんて思っています。 それにしても何やらごちゃごちゃした機能がついていますね(笑)でもデザインテンプレとか操作性とかは結構快適です。藤田社長のこだわりを感じます。  ただ、携帯版だと異様なほどに画面の切り替えを強要されて、結構見にくいんですよね…。まあ仕方ないかと…。  今後ともこちらをどうかよろしくお願い申し上げます。 ...
    2007年6月7日12:57 AM
    スクール経営と坪効率
    CATEGORY:日々雑感
     「損して得取れ」 この発想はスクールビジネスにおいても重要な考え方です。今回は坪効率をベースにしてご説明してみたいと思います。 (たまには真面目なスクール関連な話です) もう昔のことになりますが、 イオングループのダイヤモンドシティが市場の投入され、店舗数は少ないものの繁盛していたころのことです。 店舗クリニックで上司のコンサルタントの方に、成功の要素をいくつか教えてもらったところ、 その重要な要素のひとつに「フードコートの席数の多さ」があったことを覚えています。 要約すると上司の発言は下記のようなものでした。&...
    2007年6月6日11:59 AM
    数字に直結しない成功因子
    CATEGORY:日々雑感
    スクール経営において重要なのは、言うまでもなく 「売上」 「会員数」 「反響数」 「来校数」 「契約率」 などの数値。 つまり、売上に直結する数値です。 そのため、スクールの運営者としては、上記の数値を良化するためのノウハウやツールを積極的に集め、それを真似することで、スクールの売上をアップさせようとするわけです。 ただ、ここで厄介なのは「表面的なノウハウだけ」を真似しても、 なかなか思ったように効果が出ないのがスクール業界の特徴だということ。 スクールにおいては、いろいろな施策の効果に対して&...
    2007年6月4日11:56 AM
    卒業生活用の利点と問題点
    CATEGORY:日々雑感
    スクールビジネスのスタッフとして理想的な条件のひとつに、 「そのスクールの卒業生」 であることが上げられます。 スクールの卒業生であるということは、 学校へのロイヤリティが高い。 講師(校長)へのロイヤリティが高い。 学校の知識が豊か。 商品(講座内容)についての知識も豊か。 というわけで、まさにいいことずくめ。 まあ、弊害として圧倒的権威を持つ社長とその他の従属的なスタッフという「宗教的」な組織ができあがるという側面もありますが、 これは外部の血を入れたり、経営者の方の意識次第で解決可能です。...
    2007年6月3日9:42 PM
    受付力がスクールの魅力を高める
    CATEGORY:日々雑感
    スクールにおける「受付窓口」。 講師や営業スタッフなどと比べると少し軽めの役割。したがって 「まあアルバイトさんでもいいか~」 「見た目がよければいいかな~」 と考えてしまいそうですが、 この受付こそがスクールの活気を左右する重要なファクターだと言えます。 スクールの受付は下記の機能を担当しています。 ①新規顧客の第一印象づくり ②在校生が来校するときの「始まり」と「終わり」 ③在校生が困った時の相談窓口 ④社員および講師出社時の「初めて会う」人物 個別に説明していきましょう。&nbs...