自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2010年10月18日11:58 PM
    退職者と退会者増の関係

     

     

     

     

    本日は関西エリアで約20拠点のスクール展開をされている企業様のコンサルティングでした。

     

     

     

    スクールもこの規模になると、離職による各校責任者の入れ替えがしばしば起こり、人の調達と配置転換が重要なポイントになってきます。

     

    この人の入れ替えのときに起こる問題が「退会者増」になります。

     

     

    メイン担当者の変更によりお客様が不満を持った。

    責任者変更によって各講師のサボタージュが起こったなど、理由は様々です。

     

     

    中には不満を持って辞める直前に、お客様にスクールの悪口をいいふらした挙げ句、そのままお客様を持っていって辞める人もいます。

     

    スクール業界で私が嫌いな点はココです・°・(ノД`)・°・

     

     

     

     

    どれだけ会社との関係がこじれたとしても、

    スクールの悪口を言ったり、生徒を持ち出すことは、決して許されることではありません。

    その事実自体が、今まで一緒に働いていた仲間に対して被害を与えるだけでなく、今までの自分の頑張りを全て「ゼロ」にすることにもなります。

     

     

    よく会社と関係を悪化させて辞めていく人は、自分を正当化する理由を説明されますが、どんな理由があったにせよ、それが褒められることではないのです。

     

     

     

    自分が辞めた後までスクールが順調に進んでいくように色々な気配りをする。

     

    一般ビジネス社会では当たり前の常識が、スクール業界では全く理解できていない人が多いのも悲しいことです・・・。