自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2020年2月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2012年9月27日11:50 PM
    超常識の事例に触れることの大切さ

     

     

    先日、お客様との会話で

    「犬塚さんのブログは見ていますけど、そういえばメルマガは登録していませんね~」

    という話になりました。

     

    確かにそういった方もいらっしゃいますよね。

     

    ・・・というわけで、わざわざブログに来ていただいている方のためにも、メルマガの内容を時々こっちにも転載したいと思います。

     

     

     

    【超常識の事例に触れることの大切さ】

     

    スクール・教育ビジネスチームでは、2012年の後半は「各地・各業界で圧倒的な実績を上げているスクール企業様」をゲスト講師にお招きしてのセミナーを企画しています。

     

    9月30日のパソコン教室向けセミナーはその第一弾ですが、 

    12月2日(日)には、船井総研のグレートカンパニーアワードを受賞した、千葉県の株式会社イシドさま(そろばん教室)、香川県のジェムスクールさま(英会話教室)をゲスト講師にお招きしての「グレートカンパニースクールセミナー」を計画中です。

     

    このような企画を考えたのは、今年度の船井総研のグレートカンパニーアワードの授賞式がきっかけです。「働く社員が誇りを感じる会社賞」を受賞された栃木県の株式会社真田ジャパン(廃棄物処理・リサイクル)の社長様のお話を聞いた際、社員の方々が定着する様々な仕掛けで「毎日一人一人の社員と握手をして感謝の言葉をかける」という事例がありました。 

    正直その話を聞いて「ああ、本当に社員を大切にする会社はここまでやるのだ」という多いな刺激を受けました。

     

    もちろん上記のようなアクションを全ての会社がそのまま真似して実行することは不可能でしょう。 

    しかし、ある分野、あるテーマについての成功事例にふれることで、今までの自分たちの「ここまでやればいいかな」という常識を超える、ひとつの目指すべき頂点の姿が見えてくることが最高の勉強になるのではないかと思うのです。

     

    実際に他業界においては、同業界の中での成功事例や経営指標がトップクラスの企業が業界勉強会などで頻繁に事例発表をしており、そういった取り組みの中から業界のレベルが磨かれています。

     

    それに比べると、まだまだスクール業界ではまだまだ「自分たちの常識」の中でしか、様々な施策の改善に取り組めていない可能性があります。 

    私達のスクール業界においても上記のような「超常識」の事例に触れて、さらに顧客満足が高くなるレベルを追求できたらと考えています。