自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2014年12月19日7:50 AM
    競争激化の時代、「必ず当たる販促」は必ず当たらなくなる

     

     

    スクール経営の現場において、しばしば経験するのが

     

    「その手法をすると絶対に数字が上がるんですか?」

     

    「○○○円かければ絶対に数字が上がるんですか?」

     

    というご質問です。この続きは「もし必ず成果が上がるのであればやりますけど・・・」という言葉に続きます。

     

    多くの場合、とある販促手法を実行するかどうかを検討しているときに出てきますね。

     

     

    ハッキリ言えば

     

    「確実に結果が保証されているような手法はあるはずない」

     

    わけです。あくまで現段階で成功確率が非常に高くなる手法でしかないわけです。

     

     

    さらに言えば、「確実に成果が上がる手法」というのは、今のような競争激しい世の中では、そのノウハウが有効なのはわずか1~2ヶ月程度だと思います。

     

    その理由は以下のとおりです。

     

    1.必ず成果が現れるような魔法の経営テクニックが見つかる

     

    2.成果が上がるから、ドンドン積極的に行動する

     

    3.その好調さが他の企業に知れ渡る

     

    4.必ず業績が上がるからみんな真似する

     

    5.同じ手法が市場にあふれてしまい、必ず上がる手法が効果を失う・・・

     

    要するに今の時代「必ず当たる販促」というのは必ず当たらなくなるのです。

     

    飲食業界などを見ていると、この流れが明確ですよね。

    今ではスクール・学習塾業界においても競争が激しいので同様の傾向があります。

     

     

    だからこそ、「誰でもできて」「即座に結果が出る」手法というのは、かなり寿命が短くなるため、それをさがしていても安定経営はできないわけです。 

     

     

    「一見儲からないように見える」

     

    「一見集客できないように見える」

     

    「一見費用対効果が合わないように見える」

     

    他企業からはこのように見えるけど、実態は・・・という手法を地道に構築できている企業が今の時代強いのです。

    また、 当然のことながら、「当たらなくなった手法」も、とことん磨き上げていけば、「その企業にとっては当たる」手法に昇華するケースも多々あります。

     

     

    ちなみに補助金依存のビジネスも同じです。

    補助金を使って儲かることがわかる、参入者が増える、国が予算オーバーにビビッて法制度を変える、補助金額が減額・・・

    これもおなじみのストーリーですね・・・。