自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2014年12月8日8:59 AM
    社会人・組織人として大切なのは不調・苦手局面で成果を出すこと

     

    最近の若手社員と話をしているときにしばしば聞く「できないいいわけ」。

     

     

    「ここ1週間体調が悪いからできませんでした」

     

    「この仕事は苦手なので本調子が出せませんでした」

     

    「家族との関係が上手くいっていないので顔に出てしまいました」

     

    「●●さんと一緒なので本気になれませんでした」

     

    こんなパターンです。

     

    要するに「自分は本調子のときや、得意な局面ではもっと良い成果が出せるんですよ!」

    「今回ダメだったのは環境が悪かったせいですよ!」

     

    といいたいわけです。

     

    今回ダメだったのは環境が整っていないから。

    自分は条件が整えばもっとパフォーマンスが出せます。というわけです。

     

     

    しかし、これは、経営陣や会社組織のキーパーソンとなるレベルの人からすれば、その発言、発想そのものが落胆するようなレベルの発言なわけです。

     

    会社組織やビジネスの様々な局面というのは、多くの場合、自分たちが望んでいない、自分たちが苦手なもの、自分たちが調子が悪いときにも容赦なく重要な仕事がふりかかってきます。

    ・・・というか、万全の体制の中で対処できるケースの方がむしろ少ない。

     

    だからこそ、社会人・組織人として大切なのは不調・苦手局面で安定した成果を出すことができるかどうかなのです。

    好調時の上ブレよりも、上記のような不調・苦手局面で一定ラインを維持し続けることができる安定感の方が重要であることも珍しくありません。

     

    プロ野球においても、自分が不調・怪我していても、「最低限の仕事」ができるのがレギュラーの役割であるのと同じです。

     

     

    若手ビジネスパーソンの皆さんは上記の前提をしっかりと認識しておいた方がいいでしょうね。