自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2020年10月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2020年8月5日12:09 PM
    教育業に携わる「やりがい」を求める新入社員

     

    近年の多くの企業の現場で明確に顕在化している新卒採用者の傾向として、

     

    1)労働環境重視 (ワークライフバランス)
    2)やりがい・社会性重視

     

    この2点が上げられます。

    1の労働環境については、ほぼ前提・必要条件となっており、その上で2がどの程度あるのかをチェックしている印象です。

     

    この2については、具体的には

     

    「自分が顧客から認められる環境か」 「自分が会社の同僚・上長から認められる環境か」
    「自分が顧客や上長・会社から必要とされる環境か」
    「自分が行っていることが、社会的に貢献できているか」など、

     

    マズローの欲求5段階説で言えば、自己実現・承認欲求を強く求めている印象です。

    教育業は、元々は2については満たされやすい環境でしたが、新卒の彼らは日常の授業や業務を繰り返し行っている中で、徐々に

     

    「自分のやっていることは、本当に社会貢献になっているのか?」 
    「自分は周囲から認められているのか、必要とされているのか」

     

    という実感が薄れてきてしまいます。

     

    慣れてくる中で、教育業の価値についての感覚が麻痺してくるのです。(生徒たちから必要とされていても、それに価値を感じなくなる)

     

    この2の感覚が麻痺してくる中で、逆に1が強く顔を出すことが多いように思います。

     

    企業側としては、卒業記念パーティーの開催、卒業生の声を集める、卒業生の活躍をレポーティングするなどして、定期的に各社員の自身の仕事のやりがいや意義を再確認する機会を用意することが大切です。

     

    “心の栄養”を社員に与える機会づくりが大切だということですね。