自己紹介
  • 自己紹介


    『船井総研内の保育教育業分野のコンサルティングチーム「保育教育支援部」の上席コンサルタント。
    高等教育機関、学習塾、英会話教室、幼稚園、こども園、保育園、資格学校など、幼児から社会人までの様々な教育機関のコンサルティングを担当している。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2021年4月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • 関連サイト情報

  • 2021年2月3日11:32 AM
    学習塾・英会話の企業成長を阻む労務トラブル…

     

     

    船井総研の犬塚です。

     

    長年、教育業界の経営コンサルティングをやっている上で、

     

    なぜ会社が成長しないのか?

     

    という多くの教育業の事業者の問題の、大きな原因となっているのが、

    ビジネスモデルの問題でも、

    競合企業の問題でも、

    少子化、地域内の市場規模の問題でもなく、

     

    労務系(社員・元社員)トラブル

     

    のように思います。

     

     

    それなりに好調な企業が拡大展開し、従業員数10名、教室数3教室以上になって、

    さあ!これから!

    という時に、かなり高確率で発生するのが、

     

    講師の独立・競合教室の立ち上げ

     

    幹部社員の離脱

     

    年度中の無責任退社する講師の発生

     

    労働条件を問題にする従業員の発生

     

    対顧客に対するトラブル・クレーム(従業員の力量不足)

     

    などです。

     

    これらのトラブルが発生すると、経営者、経営陣は後始末のために膨大な労力を必要とします。

    業績は低迷するきっかけになることも多いのです。

     

     

    逆に言えば、上記のようなトラブルの発生率を減らす、

    さらには発生した際の被害を最小限にするための対応策を抑えておけば、

    順調な成長ができる会社も多いのです。

    (皆さんの会社においても、「あの時あの事件がなければ…」というケースが多いのではないでしょうか?

     

     

    このテーマ、次回以降も触れていきたいと思います。