自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2020年2月15日11:49 AM
    大学入試改革~英語の民間試験活用延期から考えるコト~
    CATEGORY: NEWS雑感

     

    昨年11月に大学入学共通テストの「英語の民間試験活用」の延期が決定しました。
    (名目上は「延期」ですが、延期までの期間の長さを考えると、実態としては「白紙」だといえます。)

     

    この英語民間試験活用は、ニュースなどでも報道されましたので、興味を持たれた方も多いかと思います。

    ニュースだけを見ていると、

    「民間試験活用がなくなるなら、資格取得は必要ない」と思われる消費者もいらっしゃるかもしれません。

     

    今回、確かにセンター試験に代わる「大学入学共通テスト」において、英語の民間試験活用は延期になりました。

    しかし、勘違いしてはいけないのは、英語教育改革の目的は

    「4技能の総合的なレベルアップを目指す」ことであり、大学入学共通テストの改革はあくまでその一部だということです。

     

    実際に英語教育改革は、「小学校からの英語成績評価の開始」「英語の授業の形態の変更」

    「大学の二次試験の英語評価の推進」など、幅広い分野で行われます。

     

    更に言えば大学入学共通テストにおいて、

    英語のリスニングの配点は100点で50%になっています(現状の20%から倍増以上)。

     

    つまり、今後本当に必要なのは「資格」ではなく、「確かな英語力(4技能)」を習得することなのです。 

    資格自体はあくまで、英語力を見える化するための手段でしかありません。

    大学入学共通テストで4技能を評価しなくとも、各大学が独自で4技能を評価することになるだけです。

     

    これから入試で成功し、社会人として活躍するために、「思考力」「読解力」「4技能の英語力」などが必要なことには、

    全く変わりがありませんので、皆さんのお子様の教育については、細かな試験体系の変化に右往左往するのではなく、

    より本質を重視していただければと思います。

     

    また英会話教室を経営する側としても、上記の価値観をしっかり発信していく必要があります。