自己紹介
  • 自己紹介


    『船井総研内の保育教育業分野のコンサルティングチーム「保育教育支援部」の上席コンサルタント。
    高等教育機関、学習塾、英会話教室、幼稚園、こども園、保育園、資格学校など、幼児から社会人までの様々な教育機関のコンサルティングを担当している。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • 関連サイト情報

  • 2010年12月23日11:20 PM
    地方でビジネスをするときのポイント
    CATEGORY: ビジネス全般

     

     

     

     

    本日は山形へ。東京から新幹線で約3時間の旅です。

    クリスマス前ですがデートではなく、やっぱり仕事です。

     

    この2日間、電車移動が長いのでそろそろ腰が…(;´▽`A“

     

     

     

     

     

     

    地方都市でビジネス展開をする際に、強烈に感じるメリットが「家賃の安さ」。

     

    物件取得時のイニシャルコストも含めて、首都圏では考えられないくらいの水準の費用であったりします。

     

     

     

    地方都市は「そもそも人口が少ない」「教育熱が低い」「所得が低い」「働く人のビジネス意識が少しゆるい」「情報が入りにくい」「優秀な業者が少ない」といったビジネスの欠点がある一方で、首都圏にはない以下のようなメリットがあります。

     

     

    ・成長企業であれば若年層の人材の採用が比較的容易

    (首都圏はそれなりの企業規模か各がないと人は来にくい)

     

     

    ・働く場所が限られるので社員の定着率が高い

     

     

    ・家賃などのコストが比較的安い

     

     

    ・一度自社ブランドを構築できれば地域内でブランド企業として扱われやすい

     

     

    ・キッズビジネスのような狭商圏ビジネスであれば、子供数の多いエリアに狙いを定めれば対象人口数は維持できる

     

     

     

    前述した「デメリット」を上手に消しながら、

    メリットの点をフル活用していくことが地方におけるビジネスのポイントだといえます。