自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2010年7月24日11:24 PM
    内部販促を見直そう

     

     

     

     

    スクール活性化の基本原則に、

     

    新規集客で困ったときは、まず「内部販促・内部営業を見直す」

     

    というものがあります。

     

     

     

    これは、まず既存のお客様向けのイベントや新講座販売、商品販売、すなわち内部向けの販促や営業を見直して、まずは内部における追加売上の獲得を目指すというものです。

     

     

    なぜ新規集客が困っているときに、内部に目を向けるかといいますと、

    新規集客(&入会営業)が苦戦しているときは、そもそもスクールの現場のマーケティング力や提案力に問題があることが多いからです。

     

    どれだけ本部がたくさんチラシや広告を投入しても、スクールの現場の入り口演出や入会営業、悪いクチコミで台無しになってしまうケースがとても多い。

     

     

     

     

    そのため現場のスタッフのマーケティング力や提案力をチェックしつつ、レベルアップを促すために、ひとまず内部の追加営業・内部販促に課題を持たせるのが良いのです。

     

     

    特にオススメなのは、イベント企画や商品販売などですね。

     

     

    この内部に向けての企画さえも上手に運営できないスクールの場合、

    そもそも新規のお客様を効果的に集められることは少ないのです。

     

     

     

    スクールの内部イベントの参加率と新規集客数は、実はつながっているんです。