自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2020年2月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2012年9月22日12:32 PM
    他者への誹謗中傷は己に返ってくる
    CATEGORY: 日々雑感

     

     

     

    ビジネスの基本的なセオリーとして、

    ある程度、経営の経験のある方ならばご存知かと思いますが、

     

    「他社への誹謗中傷は最後は己に返ってくる」

     

    という考え方があります。

     

     

     

     

    要するに憎い競合他社への嫌がらせや誹謗中傷など、

    他社の足を引っ張る行為は最終的には自社のダメージにつながるという考え方です。

     

     

    競合他社を憎みたい気持ちは誰にでもありますが、

    ただ、そこで実際に嫌がらせのような悪質な行為をするかどうかと、ぐっとこらえて我慢して、自社の努力改善につなげるかどうかの間には天と地ほどの開きがあります。

     

     

    後者は自分たちの成長につながる発想です。

     

    一方で全社のような他社の誹謗中傷は、その瞬間はよくても、

    徐々に周囲の人間が白けていきますし、特に従業員や部下の方は、そんな行動をする上長への不信感はドンドン膨らんでいきます。

    結果、自分の会社自体がドンドン悪い方向に進んでいってしまうのです。

     

     

    他社の足を引っ張ろうとして、結果的に自分たちのマイナスになるわけです。

     

     

     

    因果応報。

     

    人を呪わば穴二つ。

     

     

    よく言ったものですね。

     

     

     

    最高の競合対策は自社がよりレベルアップすること。

    そうして切磋琢磨することで、各社がレベルアップし、結果的に業界の市場が成長していくのです。