自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2012年12月30日9:32 AM
    ビジネスの世界で無礼講って本当にあるの?

     

     

    この年末に船井総研の片山GMの書籍を読みました。

     

    30代リーダーが使いこなす 部下を大きく成長させる100の言葉 (DO BOOKS)/同文館出版 

    ¥1,470
    Amazon.co.jp

     

     

    ・・・なんというか、この言い切りが清清しい(・・;)

     

     

    おそらく30代・40代の管理職にとっては

     

    「よくぞここまで言い切ってくれた!」

     

    と思える内容になっています(笑)

     

     

    自律型の会社作りをするためには、このレベルでの社員の規律が大切といえます。

     

     

    この内容自体は、若手社員に「読め」といっても読まないでしょうから、朝礼の1日1ネタとして扱うのも良いように思いました。

     

     

    全体からにじみ出てくるのが「若手社員の『あり方』について妥協せずに求め続けること」の大切さ。

     

     

     

    例えば仕事での飲み会についても触れられているのですが、

     

     

    「実際のビジネスの世界で無礼講などはあり得ません」

     

    とハッキリ言い切り、飲んで態度を変えるな、飲んだ次の日は絶対に遅れるなと書かれています。このように仕事外での「マナー」などについてもしっかりと追求されています。

     

     

    飲み会についても「仕事の延長線上」と考え、その中での正しい立ち振る舞いを求めている書籍になります。

     

     

    タクシーの乗り方、電車の乗り方、飲み会でのマナーなど、改めて社内の規律を再確認するためには非常に良い書籍のように思います。