自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2012年5月17日1:01 AM
    ハローワーク相談員のありがたいお言葉

     

     

     

    あるお付き合い先の夜の飲み会で、

    就職活動の話になり、ハローワークの相談員の方の話になりました。

     

     

    そのハローワークの相談員の方のアドバイスとして、

     

    「就職できないからといって、安易に就職先を決めて、とんでもないところに就職先をしてしまうと、短期でやめることになってしまい、履歴書に傷がつくことになってしまう。それは大きなリスクなので、焦りすぎてはいけない」

     

    という言葉があったそうです。

     

     

     

    採用の現場にもいる人間としては「納得」の言葉です。

     

     

     

    実際に履歴書というのは20代~30代においては、非常に重要な意味を持ちます。

     

    面接では本人の人となりがなかなかわからないわけですが、履歴書にはその人の考え方などが如実に現われるケースも少なくありません。

     

     

    就職→退職を1年未満で繰り返した人間(特に20代)の履歴書は、ハッキリ言って価値が暴落しているわけです。

     

    その履歴書からは「私は我慢強くなく、どれだけ面接で良いことを言っても、入社半年後にはさっさと辞めます!」と語ってるわけですから。

     

     

    おそらくハローワークの現場にいる方は、逆の立場からそのリアルな現実を知っているから、上記のアドバイスをされているのでしょうね。

     

     

     

    若いうちは転職(や独立起業)は未来がひらけるものだと思っているのですが、実際のところ、人生(履歴書)において、大きな傷をつくっているリスキーな選択であるということも知っておかなければいけません。

     

     

    安易な選択の繰り返しが、正社員や優良企業の社員への道を閉ざし、年収100万・200万ロードへの道に続いていることが多い世の中なのです。

     

     

     

    私は上記のような現実を学校では教えてもらえないため、お付き合い先の親友社員達に研修の場で話したりしています。

    少しでも不幸な人生を歩む子を減らしたいですからね。