自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2019年9月27日10:54 AM
    スクール・学習塾経営において重要になる「利便性」

     

    これまでのスクール・学習塾業界の集客戦略は、主に
    商品力(教育品質・価格・講師力 etc)と販促力(チラシ・ポスティング・WEBサイト etc)の強化によって集客力を強化し、

    新規集客数を増やすことが基本セオリーでした。

     

    つまり商品を魅力的にし、その魅力を上手に伝えることができれば、遠方からも顧客が集まってくれて、

    新規の顧客が増える…という流れです。

     

    しかし、2018年から明らかに上記の発想での集客戦略が限界を迎えつつあります。
    端的に言えば“共働き世帯の増加”によって、どれだけ商品に魅力があっても、

    そもそも通わすことができないという消費者が増加してしまっているのです。

    つまり、スクール・学習塾経営者の皆様に意識していただきたい集客公式の概念としては、

     

    商品力× 利便性

    この2つの要素を重視して考えていただきたいと思います。

    従来の“商品力を磨き伝える”だけではなく、通わせる側の利便性についての配慮を最大限することが必要です。

     

    具体的には 
    “開校曜日の選択肢の幅広さ” “開校時間の選択肢の幅広さ” “振替の有無” “送迎の有無”
    など、共働き世帯でも通学させられるかどうかという点を想定するとよいでしょう。

     

    現在の幼児や小学校の低学年の習い事教室業界の事情としては、「他に通える教室がないから仕方なくあそこの教室にする」というスクール選びの動機も増えています。

    【利便性一番化】に意識を寄せることが、次の時代の勝ち組スクールになるためのカギとなるかもしれません。