自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2020年2月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2012年9月29日8:08 PM
    コンサルタントを「使いこなす」経営者様のすごさ

     

     

    コンサルタントの活用方法は色々ありますが、

    繁盛企業、成長企業の経営者様に多い使い方が

     

    「自社の問題点を指摘してもらう」

     

    「自分の戦略・考え方についての客観的な判断をもらう」

     

    といった、経営コンサルタントを「羅針盤」として活用するケースだと思います。

     

     

     

    経営コンサルタントとというと、一方的に研修やノウハウを伝えたり、傾きかけた企業の再生を担当したりのイメージがあるかもしれませんが、実際には上記のような活用をされている企業様が多いのも事実なのです。

     

     

     

    誰にとっても、自分の会社の問題点や自分の考えの間違いを否定されたりするのは、決して心地よいものではありません。

     

    しかし、誰にとっても同様ですが、自分のことはなかなか見えない、また客観的判断がないと経営判断を誤ることが多いことを知っている経営者様は、あえてコンサルタントを使いこなすのです。

     

     

    その精神力や向上心、経営の冷静な判断力はすごいものだと日々感じています。